平成28年予特委員会 議会・総務費( 2月29日)

西武、東武の期日前投票所

○西山陽介委員  西山陽介でございます。よろしくお願いします。4年ぶりの質疑に立たせていただきます。

 委員長、ちょっと先に余談をお許しいただければと思うんですけども、今、私、手元に豊島新聞の記事の切り抜きを持っておりまして、タイトルが、区議OB元気いっぱい議員待遇者会総会という、こういう記事でございます。昨年の7月の9日に待遇者会の総会が行われ、その後、懇親会がありまして、高野区長、村上議長、水島副区長らを迎えてというふうにありまして、元気いっぱいのお姿が写真にも写っておりまして、まだまだ元気、先の見えないこんな社会だからこそ、豊島区のためにどしどし意見を言っていきますよと、そういった我々の議会のOBの諸先輩が一堂に会して総会を開催された様子でございます。

 その中に、小峰先生のお隣に小倉秀雄元議員も写っておりまして、大変、今となっては、昨年の10月の18日に生涯を閉じられまして、私ども公明党の大先輩でありますし、また、32年間にわたって議会の中で、また区政とともに生き抜いてこられたこの生涯をしっかりと身に置きながら、この議会活動の一つ一つ、また、きょうは予算特別委員会の審査でございますので、そういった決意を持って取り組んでいきたいなと、このように、済みません、少々余談をさせていただきました。ありがとうございます。

 それでは、本題ということで。初めにというか、総務費でございますが、選挙費に関してお伺いをさせていただきたいと存じます。

 先週の25日には、東京新聞の報道で、大学生の約71%がこの夏の参議院選挙に行くと、そのように答えている調査結果の報道がありました。こういった記事を見ていましても、このたびの選挙権の18歳への引き下げで政治への関心が高まりつつあるのかなと、そのように感じるところであります。

 そのような中で、本定例会の中で、区長の招集あいさつで、期日前投票所について触れられておりました。私ども区議団も、かねてより予算要望等で要望してきた池袋駅近くでの期日前投票所として、西武、東武、両デパートに期日前投票所を設置していくと、このような発表がございました。

 まずは、この経緯について御案内いただきたいと存じます。

○神田選挙管理委員会事務局長  駅周辺に期日前投票所という御意見、御要望、多々いただいておりまして、選挙管理委員会といたしましても、何とかそれにこたえなくてはいけないということで、西武、東武、両デパートさんのほうにお話しさせていただきました。しかしながら、なかなか選管だけの力では及ばなかったというところもございまして、区長のお力もかりまして、何とか西武、東武、両デパートとも御理解いただいて、御協力いただけることになったということでございます。

 間もなく協定を締結いたしまして、間違いなく7月の参議院選挙には期日前投票所として活用できるということでございます。

○西山陽介委員  高野区長もいろいろ両百貨店に交渉に行っていただいたということで、大変にありがたく思っているところでございます。

 招集あいさつの中では、この期日前投票所、両デパートについては直近の7日間、そして時間帯についてなんですけども、これは10時から20時ということで、通常の期日前投票の時間帯とは違えているわけでありますけども、この時間の考え方、この辺については、このように変更ができることも含めて、どういったことに基づいていくのか、その設定の時間の考え方について御案内いただきたいと思います。

○神田選挙管理委員会事務局長  現時点の期日前投票所の開閉時間につきましては、おくらせることはできるという規定がございます。通常ですと朝の8時半から夜の8時までということでございますけれど、事情があれば、その辺をおくらせることができるという形でございます。

 今回、西武、東武、両デパートにつきましては、店舗の開店時間が10時からになるということで、それまでは店があかないということでございますので、開票所の職員等につきましては9時半ぐらいから入らせていただくという形になってございますけれど、一般の選挙人の方につきましては、やはり開店時間までちょっとお持ちいただくという形で、専用の入り口から入るということはちょっと不可能だというようなことでございましたので、開会時間につきましては10時とさせていただいたということでございます。

○西山陽介委員  もう1つ、区民センター期日前投票所をこの夏の参院選ではやめて、新庁舎の8階ですか、そちらに移すということを表明されておりますけども、このことについての経緯、また期間ですとか時間帯についてはいかがでしょうか。

○神田選挙管理委員会事務局長  区民センターにつきましては、西武デパート、東武デパート、駅に近いところで開設するということでございますので、あそこの区民センターを使ったといたしましても、ちょっと距離的には近過ぎるんではないかということから、もともと新庁舎につきましては、8階で期日前投票所を開設するということが決まっておりましたので、こちらのほうで新庁舎の中で期日前投票所を準備いたしているということでございます。開設時間につきましては、同じく8時半から8時までということでございます。

 ○西山陽介委員  これは、期間については、公示後または告示後、どういうことですか。ほかの期日前とは違うのかどうか、その辺。

○神田選挙管理委員会事務局長  申しわけありません。期間につきましては、1カ所については、公示日あるいは告示日の翌日から選挙期日の前日までということを開かなければいけないという決まりがございますので、ここの新庁舎の期日前投票所につきましては、公示日あるいは告示日の翌日から選挙期日の前日までという形になります。

○西山陽介委員  これまでの期日前投票所は4カ所ありまして、いわゆる区内、豊島区を全域で見たときに、区民センターの期日前投票所が一番利便性が高いと思われていたので、法の定めによる、いわゆる公示後の全期間を期日前投票所でやっていくということだったと思うんだけども、今度は、利便性は逆に駅の中に入っている両デパートのほうが期日前投票としては利便性が高くなるというふうに、私はそうイメージするんだけども、ということであれば、その両投票所について、公示後の翌日から全期間を期日前投票としてやっていくことのほうがより利便性が高まるんではないか、そのように思いますけども、その点についてはいかがですか。

○神田選挙管理委員会事務局長  新庁舎の利便性、決して低いとは思ってございませんけれど、トータルとして見ますと、やはり御指摘のように、西武、東武のほうが利便性は高いのではないかなというふうには思います。

 しかしながら、当初の西武デパート、東武デパートの交渉をいたしたときに、最初、1週間やっていただきたいというようなお話もさせていただきましたので、それにつきましては、今後の状況等見まして、もし可能であればそういう形でも今後考えていきたいなというふうには思っております。

○西山陽介委員  今回初めてやることだと思いますので、選挙でありますので、必ず数字がやっぱり最後に結果として伴ってくると思いますので、その後の検討としてお考えいただければよろしいかなというふうに思います。

 これをもって、東西区民事務所と合わせて5カ所になるということで、コメントにもありましたように、利便性にすぐれた場所と、そのようになったことについては、とても私どもとしても高く評価をさせていただきたいというふうに思っています。

 一方、池袋図書館期日前投票所については、これは利用状況が思わしくないということで休止をすると、そのようにこの招集のあいさつで初めて伺いまして、私どもとしてはちょっとショックだな、そういう印象を私は強く考えているところであります。利用状況が思わしくないという、このことについてはどのような御認識で表明されたのか伺いたいと思いますが、いかがですか。

○神田選挙管理委員会事務局長  期日前投票所、今までのところ4カ所ございまして、大体区民センターが利用状況としては一番高くて、大体5割ぐらいを占めているというような形でございます。それから、東武、西武が大体2割ちょいぐらいいっておりまして、池袋第三区民集会室、池袋図書館のところは大体1割も満たないというふうな状況が続いておりました。

 今回、委員御指摘のように、池袋図書館の期日前投票所については休止させていただくということにいたしましたけれど、一番大きな理由といたしましては、西武、東武、両デパートを開催するに当たりまして、まず非常に慎重にやらなくてはいけないことだろうというふうに認識してございます。初めての民間施設ということで、相当注意深く進めていきませんと、失敗したときにその影響度というものはかなり大きいなというふうに思っております。

 新たに2カ所開設するということもございますので、それにとられる人員につきましても配慮していかなくてはならないという形で思っております。そういたしますと、新たに2カ所増設となりますと非常に難しいといいますか、人の配置等にかなり苦しいところがございまして、何とか1カ所の増設にとどめたいなというところが正直なところでございまして、そのため、一番利用率の少ない池袋第三区民集会室については、今回は様子見させていただきたいということでございます。